UZIK JAPAN USA BRAZIL
UZIK.JP  
News Event Project Store Blog Us Contact
Us
Creative
Nao
松本 尚久
Nao Matsumoto

彫刻家
家具デザイナー
木工職人
大学講師


クリスマスに横浜で生まれる。カリフォルニアのピッツァー大学で生物学と美術を専攻し、その後ニューヨークのプラット・インスティテュート大学院にて彫刻科の修士課程を修了。現在、同校で芸術学部彫刻科技術主任として勤務、又、講師として造形技術の指導を行う。

生物学を専攻していた学生時代に出会った彫刻の世界で立体造形に目覚め、後に中央アフリカ東部のタンザニアに研究の為短期留学した際に、マコンデ族の作る黒檀の木彫りに魅了され、木彫を始める。ニューヨークの大学教授であり、小さな物体を自由に動かす仕掛け装置で定評のあるRobert Zakarianが経営するProp Shopで、テレビCMや広告などに使われる造形物の制作を始め、インテル(Intel)、銀行(NY Commerce Bank)、フィリップ・モリス(Phillip Morris)などの雑誌広告に世界中で使用され高い評価を得る。その後、プラスチックやゴムなどの人工素材や鉄工なども作品に取り入れるようになり、造形の可能性が広がり、柔軟な作品制作へつながることとなる。その技術を買われ、映画監督のウディ・アレン、概念芸術やパフォーマンスアートで名高いデニス・オッペンハイム、幅広い分野で活躍する工業デザイナーのガエタノ・ペッシェ、光を操る現代美術家ジェームズ・タレルなどの世界的に活躍している芸術家たちのアート制作への参加経験もある。

デザインの分野では、ニューヨーク・マンハッタンにある、森林を伐採する代わりに老いたり損傷を受けた木々を再利用して現代家具へと蘇らせることで知られる高級家具店、Hudson Furnitureで家具デザイン及び制作を 担当、天然素材の木の美しさをストレートにそのまま生かした家具を数々制作。その中でも一際目立つのが、楡(ニレ)の厚さ十五センチの一枚板で作られた巨大なテーブルである。また、フランスのf-productsから制作した椅子を、世界最大級の国際家具見本市ICFF(International Contemporary Furniture Fair)で発表。更に、これらの作品は雑誌や新聞など様々な出版物で全国的に紹介される。工業デザイナー、木工職人で在りながらも様々な素材を使いこなし斬新な形に挑戦するスタイルは、同時にコンテンポラリー・アーティストであるがための研ぎ澄まされたセンスと、長年培ったスキルから来ると言える。

現代アートの世界でも、精力的に制作活動を続けるため、ニューヨーク・ブルックリンに独自のアートスタジオを構え、現代彫刻家としてオリジナル作品の制作を日々行っている。特に、幼少の頃から魅せられ続けている生物や植物の形を作品に取り込む表現スタイルは、様々な方面から注目されている。ニューヨークを中心に、10年以上の多数の展覧会での出展を続け、多彩な魅力を持つ芸術家としての重要な地位が確立し始めている。今までにメディアにも取り上げられた主な活動は、2006年より参加しているエッジーで刺激的な作品を取り扱う事に定評のある、ニューヨーク・ブルックリンのアートギャラリー・Jack the Pelican Presents主催の国際現代美術博覧会、Scope Hamptons - International Contemporary Art Fairでの彫刻作品の展示発表で、それらの作品は、著名なアートコレクター達から高い評価をうけ、絶賛される。更に、2007年には、マンハッタン・チェルシーにあるコンテンポラリー・アートギャラリー、White Box Galleryで開催された、ギャラリー内に四日間軟禁された状態で作品をつくるプロジェクトに選ばれ、ニューヨーク・タイムズにの記事となり注目を受けたことによって、作品への評価が高まり実績を上げる結果となる。



戻る
 Copyright © 2007-2010 UZIK INTERNATIONAL, INC. All rights reserved. 利用規約・プライバシーポリシー